Home > 医師の自分の時間を確保するために

医師の自分の時間を確保するために

日常診療や日直・当直などの診療業務が重なってしまうと、医師が自分の時間を確保するのは大変難しくなってしまいます。

特に、市中病院での救急科や外科の医師だと、人員が不足していることもあり、自宅に帰ることが出来ない日が続いてしまうこともあります。 現状を打開するために、各人で工夫してみても上手くいかず、現状に不満を抱きながらも、自分の時間が取れないことをガマンして、そのままにしている場合も多いようです。

しかしながら、そのようなQOLが低い状況を続けていると、自分自身のためにならないことはもちろん、患者さんのケアにも悪い影響を及ぼしてしまうことがあります。ケアレスミスのようなものであれば、良いのですが、重大な医療事故に繋がる可能性すらあります。 

それでは、QOLを維持するためにはどのような方法が考えられるでしょうか。

1つには、キャリアパスの見直しが必要になります。例えば、激務が続く診療科に見切りをつけて、比較的余裕がある診療科に転科するという方法があります。ただ、これには、一から診療や検査について勉強し直さなければならないという欠点があります。

もう1つの方法としては、転職です。より診療に余裕がある病院への転職という方法はよく言われる方法です。そのような病院では医師が離れないので、募集がかかることが少ないですが、そのような機会を逃さないようにアンテナを張ることが重要です。