Home > ストレス

ストレス

師の悩みやストレスと言えば、やはり人間関係のしがらみじゃないでしょうか。それと同時に今、話題になっている過労問題、つまり、働き過ぎによることが多いと思います。

まず、医師の人間関係のことについて考えてみますと、周囲の他の医師や看護師の態度が冷たい、つっけんどん、言葉の語尾がの調子が上がり気味できつい、ちょっとしたミスを大げさになじる、そんな些細なことでも疲れている時などは、とても神経に障るものです。そういった態度を日々繰り返されるとだんだんとストレスが溜まり、神経が犯されやすくなるのは当然でしょう。

さらに個人的な感情の問題、同じ病院で例えば、三角関係があったとします。外でも良いですが、ある女性を同じ病院で働く二人の医師が同じ時期に恋をしてしまったことが発覚して、気まづくなったり、嫉妬の矢が向かってきたりなど始まったらもう最悪です。もちろんそれは病院内の出来事であっても同じで毎日影響があることですから、外に好きな女性がいるより、もっと状況は過酷になると思われます。

そして、今日本全国全ての職業で問題になっている過労問題、残業が多すぎて自分の時間がもてないばかりか、睡眠もままならない状態に陥ってしまう、医師を募集している段階では、ただ高収入だからということを強調され、過酷な残業時間の過多については一言も聞かされていなかったことなどで、悩みやストレス以外に病院に対する信頼感まで一気に喪失してしまうような苦悩の日々が続くという表現がピッタリだと思います。

対策としては、一人だけで悩まず、仲の良い友人や知人に相談したり、それだけでは足りないと思うなら、プロの心理カウンセラーに相談したり、最終的には職場の直属の上司、まとめ役の人に思い切って相談することをオススメします。